仕事術・働き方 教員・教育関係

【男性教師の育休取得】給料や手当はどうなるのか

投稿日:2020年11月4日 更新日:

 

こんにちは、今回は【男性教師の育休取得】給料や手当はどうなるのかというテーマで記事を書いていきます。

 

 

こんな方におすすめ

  • 学校現場の男性教師の育休取得について知りたい方
  • 育休を取ろうかと迷っている男性教師の方々

 

男性教師の育休取得について考えてました。

私は、育休期間をただの1年ととらえることなく、人生の大きな分岐点と思えるくらい充実した1年にしてほしいと思っています。

では、どんな育休期間を過ごせばよいか、その時の給料や手当など、色々気になることをまとめてみました。どうぞ最後までご覧ください。

 

小学校の男性教師の育休取得の現状

 

近年、私たち労働者の働き方改革が進められており、男性の育休取得をもっと認めていこうという風潮が世の中に広まってきました。

これはとても良いことですが、現実的にはまだ課題も多く、働き盛りの世の男性が

「育休を取得したい」

と胸を張って言えない状況があります。

 

それでは、学校現場の男性教師はどうでしょうか。

私が調べたデータでは、男性教師の育休取得率は2~3%程度とまだ少ないですが、現場で働いている私の肌感覚では、育休を取得する男性の先生が増えてきているように感じます。

どこかの学校で育休を取得した男性の先生が出てくると、ちょっとした噂になります。そして、今後育休取得を考えている男性の先生がその先生に相談し、さらに取得者が増えていくという感じです。

 

今の世の中の流れを考えると、育休取得をする先生がよほどの重要ポストにでもついていない限り、管理職は反対をするどころか、進んで後押ししてくれる方がほとんどでしょう。

なので、これからもっと男性の教師が育休取得しやすい環境になりつつあります。

 

 

育休を取ると給料・手当てはどうなる?

 

育休は最長3年は取得できますが、給料をもらっていない期間に対して育児休業給付金が支給されます。

この手当てがもらえる期間は、基本的には子どもが1歳になる前日までの1年間です。

 

最初の半年間は給料の67%、残りの半年間は50%受け取れます。

例えば、ひと月の標準報酬月額が350000円だったと仮定します。(30代なら大体これくらいだと思います)

 

最初の半年間は、ひと月あたり235000円ほど受け取れます。

残りの半年間は、ひと月あたり175000円ほどです。

育休期間は社会保険料が非課税になるので差し引きなしで受け取れます。

 

ボーナスは、これまでの勤務してきた期間なども関係するようですが、大抵もらえるケースが多いようです。ただ、もらえないケースもあるようですので、詳しくは調べてみてください。

 

教師として勤務している時と比べてみると、年収は150万円前後は少なくなるはずです。

なので、多少の貯金がないと生活が厳しくなるかもしれません。

 

 

夫婦ともに教諭であれば、夫、妻どちらとも育休を取っても、手当てをもらえる権利はありますが、どちらか一方が講師(会計年度任用職員)であった場合はどうでしょうか。

これまでの制度であれば、夫が教諭で妻が講師だった場合、妻は妊娠をしても育児休業給付金がもらえません。講師の方が次の年まで契約が決まっているということはあまりないので、手当ては出ずに退職ということになるのです。

 

ただ、今年あたりから色々と制度が変わってきており、講師の方にも有利な条件になってきています。まだまだ細かなルールがあり、ややこしいようですが育児休業給油金がもらえる可能性があります。

各市区町村で確認をしてみることをおすすめします。

 

 

男性教師に勧めたい育休中の過ごし方

 

改めて自分の将来を思い描いてみる

育休なのですから、育児が最優先であることは変わりありません。

朝起きて、おむつの交換、着替え、ミルク、洗濯、朝食(離乳食)の準備、掃除、お散歩などなど。

他にもまだまだやることはありますが、家事はほとんどこなしていかなければならないでしょう。

 

子どもと触れ合う時間を大切にしながらも、学校現場から離れた特別な時間を有効に使っていきたいもの。

子どものお昼寝の時間など、ちょっとでも自分の時間を確保してもらいたいです。

 

では、そんな時間に何をするのか。

 

そんな時こそ、好きなことをとことんやってみるのです。

仕事をしていると平日は忙しくて自分の時間などなかなか取れません。でも、こんな時だからこそ、自分のやりたいことを思う存分やるのです。

育休中なので、大きな声では言えませんが、育児は大変な部分もあるので、息抜きとして自分の時間を作っておくことも必要です。

 

 

また、時間がたくさんあるからこそ、仕事のことについてゆっくり考えるのもよいでしょう。

「自分はどんな教師を目指したいのか」

「教師としてもっとレベルアップをしたいから勉強してみよう」

「起業や転職を興味があるから、どんなことにチャレンジできそうか考えてみよう」

 

そういったことを考えておくことで、将来のことが明確になり、10年後の理想の生活が思い浮かんでくるはずです。

生涯教師一筋で元気に働きたいのか

管理職として学校の中心となって活躍していたいのか

新しい仕事にチャレンジし、新たな才能を見つけたいのか

組織に縛られず、自由な働き方で生きていきたいのか

 

そんなことをゆっくり考えながら、自分の正直な気持ちに向き合ってみるのです。

育休期間は1年ですので、その期間に何か実行しておくことで、きっと考え方も変わってくるはずです。

 

「何をやっていいかわからない」

「何か新しいことにチャレンジしてみたい」

そんな思いを持っておられる方には、私ならブログをおすすめします。

 

育休中なら育休ブログを書きます。

育休を経験している男性はまだまだ少ないですから、その経験をブログで発信していくことで、これから育休を取りたいと考える男性の後押しになるはずです。

ブログで楽しい育休生活の様子を毎日発信していくことで、たくさんの男性教師の方たちに育休を取ってみたいと思ってもらえたら嬉しいですね。

 

ブログでコツコツ発信していくと、記事がたまっていく達成感と、自分の資産を積み上がっている感じがして楽しくなってきます。それが人の役に立つこともできるので、やって損はないです。

あなた自身の価値もきっと高まっていきます。

 

もちろん、チャレンジすることは何でもOKですが、何をしようか悩んでいるなら、ブログを書いてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

育休を申し入れをするタイミングは?

 

学校現場というのは、毎年どのポジションに誰を配置しようかと頭を悩ませています。

そうでなくても、人材不足が深刻で、大きな仕事を若い先生に振っていかないと学校が回らなくなってきています。

そうすると、働き盛りの30代、40代の先生への期待は自ずと大きくなって、そういう学校の期待もあるわけだから、進んで育休を取ろうとしない男性教師もいるのだと思います。

 

ただ、男性教師の方たちが、育休取得したいと考えるのもこれくらいの年代が多いのも事実です。結婚をして子どもが生まれるのもこの年代が多いもの。

だから、余計に育休を取るタイミングが難しいんですよね。

 

 

しかし、そんなことを考えていては、またとないチャンスを見逃してしまいます。

育休を決意したならば、学校のことなど考えていてはいけません。

 

まず、育休取得のために、1年以上前から管理職にそれとなく伝えておくことが必要です。

できるだけ早い方がよいことは間違いありませんが、遅くても来年度の人事を決めていく10月までには伝えておきたいところ。(市外異動、退職などもこれくらいの時期です)

 

そして、可能な限りで、あなたがいないとできない仕事は減らしておくことと、あなたがいないと困る子どもを作らないことです。

学校運営では、この仕事はこの先生、この子どものクラスはこの先生などと決めて進めていくことが多いです。その方が無難だからです。

しかし、そういうことが何年も続くことがあり、一度引き受けるとやめ時を失ってしまいます。(頼られているというのか、しんどい仕事をただ振られているだけというかw・・・)

 

あなたが毎年、課題の多い子どもを引き受けていると、その子どもも保護者も先生方もあなたに頼ってしまいます。

そんな状況を作ってしまうと、いざ育休を取りたいと言った時に

「〇〇先生がいないと困りますー」

「あの仕事どうなるの?」

「あの子どもは誰が引き継ぐの?」

などという気まずい空気が出来てしまう。

 

そうならないためにも、スパッと育休を取るためにも、事前に引き受ける仕事の内容は吟味しておいた方がいいです。

 

 

例えば、妻が妊娠をして、子どもが生まれる日が大体わかっていたら、どの時期から育休に入るのかを計算します。

0歳~1歳まで取るのか、0歳半から1歳半まで取るのかなどです。

 

 

人生のハーフタイムを楽しもう

 

自分の勤めている学校では育休取得は難しいと考えている方もいるかもしれません。

「私がいないと学校が機能しない」

「学校に迷惑をかけたくない」

そう思っている方も多いでしょう。

 

しかし、私は決してそんな風に思わなくてもよいと思います。

有能な先生が誰か一人抜けたくらいで、突然学校が機能しなくなったなんてことはないです。有能な先生がいないなりに、そこで働く先生たちでどうにかやっていくものです。

その先生がいないと学校が回らないなんてこと絶対にないです。本当にそんなことを思い込んでいるなら、あなたの学校はちょっと危ない傾向かもしれませんね。

 

私の個人的な考えにはなりますが、学校が忙しいからと理由をつけて育休を取らない方は、やっぱり仕事が好きなんですよ。

 

育休を取って休んだら、あの仕事はどうなるのか気になる

職場で自分の居場所がなくなるかもしれない

大きな仕事を任せてもらえなくなるかもしれない

などなど、考えてしまう。

 

でも、それって結局、仕事を優先しているってことなんですよ。

 

長い教師人生の中で、男性教師が育休を取得するチャンスなどめったにありませんよ。

私は育休所得をしなかったので、無理にでも取得しておけばよかったと後悔しているくらいです。

(妻に育休取得を提案したら、大丈夫と言われたので取得しませんでしたw)

 

育休を取って育児に専念することで、また違った世界が開けてくるはずです。そうやって色んなことを経験できたら、来年から新たな気持ちで頑張ろうという活力になるし、教師としての人間性の幅も広がるというもの。

 

 

人生は長いのですから、サッカーにハーフタイムがあるようにずっと走り続ける必要はないです。時には休んで、心と体をリフレッシュし、ゆっくり子どもと向き合ってみるのもいいでしょう。

そんな目的で育休取得をしてみるものよいと思います。きっとお金では買えない素敵な時間が過ごせるはずです。

 

 

今回は以上です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

こちらの記事はよく読まれています

1

  こんにちは、今回は【これで学級運営がうまくいく】一人一役システムを紹介します!というテーマでお話していきます。   こんな方におすすめ これから小学校教員をやっていこうと思って ...

がっかりしているイラスト 2

自分には教員には向いてないと思っている方、実際に勤務して教員は勤まらないと感じている方へ。適切な対処法と私の経験談を読んでいただき「まだまだ大丈夫だ!」という元気と勇気をお届け致します。

3

教員として勤めていくと、どのように出世していくのでしょうか。その仕組みと出世するための働き方をご紹介いたします。

-仕事術・働き方, 教員・教育関係
-, ,

Copyright© 教員のための精神と時の教室 , 2020 All Rights Reserved.