教員・教育関係 現場の内情

【無職から就職するなら教員になれ】その理由を解説いたします。

投稿日:2019年12月11日 更新日:

 

こんにちは、今回は、【無職から就職するなら教員になれ】その理由を解説いたします。というテーマで記事を書いていきます。

 

こんな方におすすめ

  • これから小学校の教員をやっていこうと思っている方
  • 先生という仕事に興味がある方
  • 無職の期間が長く、どんな仕事をしようか悩んでいる方

 

今現在、無職であるということはいろんな要因があるのだと思います。やりたい仕事が見つからない、仕事をしたいとは思っていても良い就職先が見つからない、雇用形態が自分に合わない、人間関係が苦手で仕事が難しい、などと様々な理由があるのではないでしょうか。

そんな悩みを抱えている方には、ぜひ小学校教員を目指してみることをオススメいたします。まずは学校という組織に属し教員として働いてみるのです。そして、教員の仕事が軌道に乗ってきたら、さらにこれからやりたいこと、もっと良い就職先、自分に合った働き方、人間関係作りのノウハウの勉強など、将来の自分の課題を見つけていくのです。そういう道筋が作りやすいのは、まさに教員がうってつけの職業です。

 

その理由をこれから詳しく解説いたします。

 

 

無職から教員をおすすめする理由

 

教員をすると心の安定につながる

 

あなたが無職であるということは、「本当にやりたいことをしたい」「やりたい仕事を見つけたい」そんな風に心から思っているからではないでしょうか。今は無職であるかもしれませんが、それはむしろ自分に正直に生きていると言うこともできます。そういう意思を持っておくことも非常に大切ですが、それでも現実はなかなか厳しいでしょう。生きていくためにはお金が必要ですので、日々の生活をやりくりすることで精一杯になり、心の余裕もなくなって行くでしょう。そんな中で、「やりたいことを見つけよう」「やりたいことだけで生きていこう」とすることも難しいと言わざるを得ません。まずは仕事をして収入を得て、生活の基盤を作っておくことでしょう。それは、心の安定と余裕を生み出しますから、徐々にやりたいことをしていくエネルギーにもなります。そこから本格的に自由な発想で生きていくことを考えていったらいいと思います。

 

自分の条件に合った就職先が見つからない方にも、まず教員をオススメしたいと思います。なぜ、無職の方にオススメなのかというと、皆さんご存知の通り、公務員は「安定しているから」という理由に他なりません。収入面、福利厚生、休暇日数などは、一定の水準を満たしているのです。最近、ニュース等で教員の多忙化が社会問題として取りあげられていますが、教員をしていた私の実感としては、まだまだ良い方ではないかと思います。サービス残業はおそらくしなければならないですが、もっとひどい会社なんてゴロゴロあるでしょう。教員がまだ美味しい仕事であるという大きな根拠となるのが離職率です。まだ民間企業と比べるとかなり低水準であることがわかります。一度教員をすると辞めずに続ける人が多いのです。仕事をしたいと思っても自分の条件に合わずに、仕事が見つからないと思うなら、まず教員をしてみましょう。

教員のメリットについて詳しく記事を書いていますのでよければご覧ください。

教員をするメリットは安定した収入!ボーナスは最強!

 

 

自分に合った雇用形態を選べる

 

教員と言っても様々な雇用形態があります。主に選択肢は2つあり、どちらの働き方をしていくか決めることができます。

 

非常勤講師

1つ目は非常勤講師です。これはアルバイト扱いの勤務であり、1時間(45分)の授業を何時間したのかによって給料が決まってくる雇用形態です。大抵一つの学校に勤務することになると、1週間で10時間〜15時間くらいの雇用が多いのではないでしょうか。1時間の自給が3000円ほどになりますので、1週間10時間勤務すると30000円で、ひと月10万円以上の収入があります。教える教科は学校によっても様々です。まずは短い期間から働いていきたい、収入は少なくて良いから自由な時間が欲しい、そんな方にはオススメのポジションと言えるでしょう。働くというハードルはこちらの働き方の方が低いと思いますので、まずは働くということに体を慣らしていきたいと思っている方には良いでしょう。

 

常勤講師

2つ目は常勤講師です。これは契約社員としての扱いであり、1日8時間、1週間40時間の勤務です。当然、月々の給料が支給されますし、夏と冬にボーナスもあります。毎月の収入の金額は、4年生大学卒業かそれ以外か、年齢が20代か30代かによっても変わってきます。どちらにしても、それなりに生活していけるだけの収入はあります。主な仕事内容は、皆さんがイメージする教員の仕事全てを担わなければなりません。常勤講師の方は、比較的、学級担任外の仕事が多いようですが、もちろん毎年のように学級担任を受け持っている方もいらっしゃいます。もちろん、常勤講師であるので、ある程度の希望は聞いてもらえます。まだ自分に経験が足りないと思えば、担任外の仕事をしたいと言えばいいのです。どちらにしても勤務時間は最低でも8時間働かなければなりませんので、教員としてバリバリ頑張っていくぞという方には常勤講師から勤務することを希望しても良いと思います。

 

自己肯定感が高くなる

 

自己肯定感とは、今の自分のことを好きになったり、自分のことを評価できる、認めることができる感情のことです。仕事をしない無職の期間が長いと、自分自身の存在意義を否定的に見てしまいがちです。「自分はダメな人間だ」「どうせ自分なんか・・・」などの考えに頭の中が支配されていってしまうものです。

でも、教員として働いていくと、自然に自己を認める力が身についてきます。もちろん働くという行為自体、充実した気持ちになりやすく一定程度、自己肯定感は高まりますが、教員である方が高くなりやすいです。その理由は、子どもから好かれたり、信頼されたり、感謝されたりすることで、人の役に立っていることを実感できるからです。毎日のように「先生、先生」と子どもたちから笑顔で言われ続けると「こんな自分でも人のためになっていることがあるんだ」と強く感じることができるようになります。知らないうちに笑顔も増えてきているでしょうし、それは子どもたちから元気をもらっているということに気づいてきます。

もし、あなたがこれまでの自己肯定感の低い自分を克服することができていたら、次はそれを、自己肯定感の低い子どもたちに伝えることができるはずです。「先生はこうやって自分のことを好きになったよ。」などとあなたらしい言葉で子どもたちに伝えていけるでしょう。そんな先生を子どもたちも待っているはずです。

 

成長できる環境が整っている

 

学校と言う組織は、教員になろうという人が集まっているわけですので、極端に生活が変わった人、変な人などは少ないです。個性的な先生もいますが、よい意味で普通の人が多い印象です。どの先生も、教育技術が高い人、人間性のあふれる人のどちらかに属しています。なので、どちらの人と一緒に仕事をしても、学ぶべきところは十分にあります。1年一緒に仕事をすれば、その相手の良いところはいくつも吸収することができるでしょう。

また、教員は研修の充実しており、日々どこかしこで研修会が開催されています。校内研修、市区町村の研修、都道府県の研修などなど、さまざまな研修が豊富にあり、自分の興味もありそうなものを選んで学ぶこともできます。まさに、教員としても人としても、成長できる環境が整っていると言えます。教育と言う世界が、人にものを教える仕事である以上、まず私たち教員が学んでいかなければならないのは当たり前の話です。そんな環境に身を置いてみるのもいいでしょう。

 

 

教員になるための手順

 

最後に教員になるための手順をご紹介します。一昔前まではあこがれの職業だった教員。今でこそ長時間労働、いじめ、不登校など問題が山積みの教育現場ですが、まだまだ職業としての人気は続いています。ぜひ、この機会に教員免許の取得を考えてみましょう。気をつけていただきたいのは、教員免許を取得するには大学の卒業資格が必要になりますのでその点はご注意を。

 

教員免許を取得する方法

 

教師を目指そうと考えたときに、どうすればなることができるのか。まず、必ず必要になるのが教員免許です。

 

 

 

 

 

 

 

 

幼稚園、保育園で働きたいなら幼稚園免許。小学校で働きたいなら小学校免許。という風に免許は幼・小・中・高と分けられています。教員免許を取る方法は3つあります。

1つ目が、大学の教育学部等に入り、単位を取ることで教員免許を取得する方法です。大学を卒業するための学習の単位と教育課程という教員免許の単位の両方を進めていかなければなりません。けっこうハードな大学生活になりますが、教育課程の単位は卒業するための学習の単位にも兼ねることができるものもあるのでお得です。教育学部は近年増えてきているので入りやすくなってきています。

 

 

教員免許を取る方法の2つ目は、通信教育の大学で教育課程の単位を取得する方法です。大学にほとんど通学することなく家で学習を進めていけるのが通信制のメリットです。通信で免許を取得できる大学(専修免許は除く)は全国で14大学。全て私立の大学です。

 

都道府県 大学名 過程・学部・研究科 学部・学科・専攻等
群馬県 東京福祉大学 教育学部

保育児童学部

教育学科通信教育課程

保育児童学科通信教育課程

千葉県 聖徳大学 通信教育部 児童学部
東京都 玉川大学

創価大学

東京未来大学

武蔵野大学

明星大学

教育学部

通信教育部

通信教育課程

通信教育部

通信教育課程

教育学科通信教育課程

教育学部

子ども心理学部

教育学部

教育学部

神奈川県 星槎大学 共生科学部 共生科学科
京都府 佛教大学 通信教育課程 教育学部
大阪府 大阪芸術大学 通信教育部 芸術学部
兵庫県 神戸親和女子大学

姫路大学

通信教育部

教育学部

発達教育学部

こども未来学科通信教育課程

岡山県 環太平洋大学

吉備国際大学

次世代教育学部

通信教育部

教育経営学科

心理学部

 

これらの通信大学で教員免許を取得する際の費用については、大学によって異なります。もちろん、免許の価値、取得単位数に違いがありませんので、できるだけ安いところを選びたいところです。今回は、4年生の大学を卒業したのちに、小学校教員免許二種のみ取得する場合にかかる費用で比べてみました。所要年数は2年とします。その場合の入学金、2年目の学費、体験実習費、スクリーニング受講費のトータルで比較しています。

この条件で費用が安かった通信大学は、

1位 玉川大学 およそ420000円

2位 明星大学 およそ450000円

3位 佛教大学 およそ490000円

他の大学も同じような価格のところもあるはずですが、特にこの3つの大学は、よりわかりやすくウェブサイトに必要経費が記載されていました。この他の大学は、それぞれの諸経費がバラバラに書かれていて、わかりづらかったです。もちろん、これらの金額以外にも別途かかってくる費用がおそらくありますので、最終判断をする際はご自身でしっかり調べてみてください。

それから、一つ気をつけていただきたいのは、上記の価格だけで大学を選ぶことだけは避けた方がいいということです。どの通信大学にも実際の大学に出向いて授業を受けて単位を取得するスクーリングがありますので、あまり遠い大学を選ぶと通学に苦労します。そういったことも含めていざ、大学に出向くことになったという場合にすぐにアクセスできる大学を選ぶのが一番よいかと思います。

 

教員免許を取得する方法の3つ目は、教員資格認定試験に合格することです。こちらは、難易度がぐっと上がりますので、オススメしません。なぜなら合格率がかなり低いとされていて、合格するには相当の勉強が必要になるからです。通信教育での単位が必要ないということは、単位を取得する以上にたくさんの知識を持っていなければなりません。それを認定試験で証明できれば合格できるでしょう。

 

教員免許を取得の際、どの方法で取得するのがよいのかじっくり考えてみてください。どれを選んだとしても、教育に関わる専門的な知識を学んでいく必要はありますので、どれが方法が一番良いなどという近道はありません。まずは自分の興味のある教員免許や通信大学などを調べてみてはいかがでしょうか。

 

体験実習が必要

 

教員免許取得にはこれらの学習とは別に体験的な実習も2つ義務付けられています。教育実習と介護実習というものがあります。

教育実習は、実際に学校現場に研修に出向いて各学校の教員の指導のもと、研修をしていきます。2週間~4週間くらいの期間、学級のお手伝い、授業見学、授業づくりなどを体験していきます。初めてのことづくしで体力的にも精神的にも疲れますが、とても有意義な時間を過ごせるでしょう。なにより子どもたちと関わり合うことができるので、自分は教員としてやっていけそうか、この実習でなんとなくつかめてくるのではないかと思います。

 

もう一つの実習が介護実習です。こちらの実習も2週間ほどあり、老人ホーム、障碍者作業所などで体験学習を行います。職員の方のお仕事の様子を見学させていただいたり、実際に施設の方と話をしたりして交流を持ちます。全てが初めてのことなので、うまくいかないことや、施設の方を困らせてしまうようなこともあるかもしれませんが、しっかりと職員の方の話を聞いて一生懸命に取り組んでいけば少しずつ関わり方などもわかってきます。お世話になっているという謙虚な気持ちで取り組んでいけば大丈夫です。

このように教員免許を取得するためには教育に関わる専門的な学習(実際の体験学習を含む)が必要になります。免許取得には、およそ2年~3年くらいはかかりますので、それだけかかっても教員になりたいという思いがあるならチャレンジしてみるべきでしょう。最近よく聞く免許取得のパターンは、大学を一度卒業してから通信の大学で必要な単位を取り、免許を取得するという流れです。なかなか大学入学まで将来自分がしたい仕事が決まっているという人は少ないのです。私もその口で、大学を卒業後、通信の大学に再度入学して教員免許を取りました。

 

現在大学生の方やもう大学を卒業されている方なら、通信制の大学を探して再入学する方法を選びましょう。小学校2種免許なら2年弱で取得できます。現在、高校生以下の方なら、教育学部がある大学に入学できるように今から勉強を頑張りましょう。

 

 

思い切って決断を

 

無職の方にとって教員免許を取得することを考えた時に、大きな壁となるのは、「時間がかかる」という点でしょう。教員として働くためには最短でも2年かかります。それは2年歳を取ることでもあるので、無職の期間が長い人ほど、「2年も待てない」という心理になるかもしれません。「もうすぐにでも仕事をしたい」という方ならこの2年は長いと感じるでしょう。その気持ちもお察しします。

しかし、やはり教員がそれなりに安定していて条件のよい仕事であるとわかっているのですから、2年であれど自己投資と思ってじっくり学ぶ勇気は必要ではないでしょうか。通信大学で学ぶことはそれほど時間に拘束されることもないですし、単位取得も難しいものではありません。単位取得のためのテストも不合格になることはあまりありません。最低限のレポート提出をして、テスト前にそこそこテキストを読んで勉強しておけばたいてい大丈夫です。特別な頭脳も猛烈な努力も必要ないでしょう。本当の力が試されるのは言うまでもなく教員になってからなのですから。

まずは通信大学で教員の知識を学び、自分なりに興味のあるところを調べたりして準備をしておけるといいでしょう。少しでも早い段階から免許を取っておくと、きっと将来役に立つはずです。

 

この記事を読んで、「私も教員をしてみようかな。」などと興味を持ってくれたら嬉しいです。

今回はここまで。最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

よければこちらの記事もご覧ください。

教員をするメリットは安定した収入!ボーナスは最強!

【初任者必見】小学校教員1年目の仕事術を紹介します

【ダメな教師の共通点とは】これを反面教師にして働くことが大切です

 

こちらの記事はよく読まれています

1

教員になることのメリットについてお話していきます。これから教員をやっていこうと思っている方、長期の休みがある仕事をしたいと思っている方必見の情報となっています。ぜひ読んでいってください。

2

小学校で起こっている深刻な問題である「学級崩壊」についてお話していきます。学級崩壊の原因を知りたい方、学級崩壊しないために気をつけることを知りたい先生方、学級経営を円滑に進めていきたいと思っている先生方必見の情報です。

3

支援学級に入るといじめられるのではないか?支援学級に入ると将来不利益を被るのではないか?そんな悩みを持っている方へ、昨今の支援学級の現状を詳しくお伝えしています。

-教員・教育関係, 現場の内情
-

Copyright© 教員のための精神と時の教室 , 2020 All Rights Reserved.