教員・教育関係 運動

【こんなすぐにできるとは】縄跳びができない小学生におすすめの練習法

投稿日:2019年3月26日 更新日:

 

こんにちは、今回は【こんなすぐにできるとは】縄跳びができない小学生におすすめの練習法というテーマでお話していきます。これを練習したらできるようになりましたので紹介します。

 

こんな方におすすめ

  • これから小学校の教員をやっていこうと思っている方
  • 現在、小学校の教員をしている方
  • 6歳~8歳くらいの子どもがいるお父さん、お母さん

 

小学生でもなわとびは意外に難しい

 

大人の方なら、なわとびを跳ぶことは簡単ですよね。今、なわとびが跳べているということは、子どもの時に、たくさん練習をした時期があるはずです。自分にできたのだから、次は「子どもにもなわとびを跳ばせてあげたい」という思いを持っている多いはずです。しかし、ただやみくもになわとびを練習させても、すぐにできるようになるものではありません。

 

なわとびを跳べるようになるには、

同じ位置でずっとジャンプし続ける力

なわを後ろから前に回すときの手首の使い方

手との協応(同時に動かすこと)

など、さまざまな体の機能を使えるようになる必要があります。小さい子どもに「跳べるようになりたいなら、たくさん練習しなさい。」といっているだけではすぐに上達はしませんし、そもそも練習が長続きしません。

自分の体の一つ一つに意識を向けながら、練習に取り組むことできるのかが重要なポイントになります。

 

中には、不器用であったり、運動自体が苦手であったりする子どももいます。そんな子どもは、なわとびを跳ぶことも苦手な場合が多いです。そんな子どもは体の機能をうまく使えていないところが多いので、少しずつバランス感覚、手首の使い方などを意識しながら、より効率的に楽しく練習することで、なわとびを跳べるようになる時期も早まります。コツをつかめばだれでもできるようになるものです。

 

それでは、なわとびができない、苦手な子どもにおすすめ練習法を紹介します。

 

 

準備物となわとびのサイズ

 

トランポリン、フラフープ、タオル、なわとびの写真

 

なわとびの練習をしていくにあたって準備しておいてほしいものが写真の通りです。

なわとび、フラフープはスポーツ用品店や100円ショップ等で購入できます。もちろん、高価ななわとびもありますので、より丈夫で使いやすいものを求めるのもいいでしょう。

 

 

なわとびの長さですが、足の上でなわを踏んで、大体胸からおなかあたりの高さならOKです。これはけっこう重要ですので、長さが体に合っているかチェックしてあげましょう。

 

なわとびを持って立っている子どもの写真

 

あと、フェイスタオル2枚が必要です。用意できればトランポリンもあればいいと思います。これがあると、楽しく練習することができます。

 

 

 

 

前とびができるようになるための練習法

 

これから紹介する練習メニューを続けてやっていきましょう。それぞれの練習の中で、体のどこの部分に意識を集中させているかを考えさせることが重要です。

 

練習1 リズムよくジャンプし続ける!

 

バランス感覚を養うために、つまさき立ちなどの練習しましょう。つまさき立ちができたら、つまさき歩きをしてみます。これでスラスラ歩けるようになったら、つま先ジャンプ、つま先着地の練習をします。1回、1回をゆっくりていねいにしていくよう声をかけてください。急いでさせてしまうと、足首を痛めてしまうかもしれませんので、最初は慎重に取り組んでいきます。つまさきジャンプがリズムよくできるようになるまで練習します。また、大体同じ場所に着地できるように意識させましょう。トランポリンがあれば足への負担も減らせますし、飽きずにできますよ。

 

つまさき立ちをしている写真

 

練習2 なわとびまたぎをする!

 

肩をうまく回し続けるレレーニングです。ここもしっかり動かしておかないとうまくなわを回し続けることができません。なわとびを1回か2回に重ねて短くして持ち、両端をもってなわをピンとはります。それを両足でまたいで、後ろから肩の上まで腕をまわしながら上げる。これがけっこう難しいですが、肩甲骨を動かすよいトレーニングになります。肩甲骨を動かし、体をやわらかくする練習にもなりますよ。

 

なわとびをまたいでいる写真

なわとびを背中から上に上げてくる写真

 

練習3 フラフープでなわとびをする!

 

フラフープで、ジャンプをするタイミングや手首を使う感覚をつかみます。フラフープを握りすぎると、フラフープが落ちてくるスピートも落ち地面で止まってしまいます。逆にフラフープを握る力が弱すぎると、フラフープの操作が難しくなります。ほどよい力加減でフラフープを握れるようになるまで練習しましょう。軽く持つという感覚が分かればOKです。

そして、フラフープを地面のどのあたりに落とせばいいか感覚でつかめてくるまで練習をします。フラフープが地面についてしまうと、スピードがとまってしまいます。でも、フラフープが足のすねより高い位置に落ちてきたら、ジャンプして飛び越えることができません。ちょうどよい足首のあたりにフラフープを落とせるようになると、連続して跳び続けることができます。これも運動が苦手な子、不器用な子には難しいものです。焦らずゆっくり取り組ませてあげましょう。

 

フラフープを持っている子どものイラスト

 

練習4 ブンブンなわ回し!

 

手首の使い方を覚えます。実はここはとても重要です。フェイスタオルに小さな結び目を作ります。右手用、左手用1枚ずつ、結び目がないところを持ちます。(なわとびを2回ほどおって短くしたなわを2つ用意してもOKです)結び目がくるくる回るように、手首を上手に使って回します。右手、左手のなわがリズムよく回せるようになるまで練習します。余裕があれば同時にジャンプもさせてみてください。

これぞ、エアーなわとびだーー

 

子どもが、結んだフェイスタオルを、右手、左手に持っている写真

 

練習5 ジャンプと手を同時に動かす!

 

同じリズムでジャンプし続ける練習ができたら、ジャンプ中に両手を両太ももにタッチする練習をします。これは「ジャンプする動き」と「なわを持ってなわを回す動き」の二つの動作を同時にする練習になり、難易度がぐっと上がります。トランポリンがあると、ジャンプをする意識がしやすく、練習も継続しやすいでしょう、

 

子どもがトランポリンでジャンプをしている写真

 

子どもがトランポリンの上で手をたたいている写真

 

これら5つの練習は、一つの練習に偏ることなく満遍なくやっていっていくと飽きずにできますよ。

 

なわとびを使った実践

 

最後は、実際になわとびを使って練習をしていきましょう。これまでの5つの練習をしていると、上達している部分が必ずあります。連続ジャンプが上手になっている、手首の使い方がわかってきている、などと見えてくるものです。あとは、苦手としている部分にスポットを当て、なわとびを跳ぶ感覚を体に覚えさせていくだけです。ゴールはもうすぐそこです。

 

ちなみに私の息子は、6歳の時に練習を週に2回5分程度で、大体3か月でできるようになりました。もちろん、それぞれの子どもの発達段階があるので、期間はあまり意識せずに楽しく取り組むことを意識して練習させてあげる方がよいかもしれません。運動が苦手な子であるならば「なわとびができるようになるぞ」と気合を入れて練習を始めても、すぐに跳べるようになるということはないかもしれません。苦手な子ほど途中で挫折してしまう可能性があります。そうならないためにも無理はせず、飽きてきているな、いやになってきているなと見ていて感じたら、練習をしばらくやめ、期間を空けてみるのもいいでしょう。

 

子どもが「またやってみようかな」という気になってきたら練習に付き合ってあげたらいいです。子どもがなわとびをとべるようになったときは本当に嬉しそうな顔をします。できなかったことができるようになるのですから、達成感が得られ、子どもの自信にもつながります。そういう小さな積み重ねは子どもにとっても大事ですよね。

 

なので、あきらめずにとべるようになるまで練習に付き合ってあげていただけらと思います。励ましながら、ほめることも忘れずに。がんばってください。

 

 

今回はここまでです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらの記事はよく読まれています

1

教員になることのメリットについてお話していきます。これから教員をやっていこうと思っている方、長期の休みがある仕事をしたいと思っている方必見の情報となっています。ぜひ読んでいってください。

2

小学校で起こっている深刻な問題である「学級崩壊」についてお話していきます。学級崩壊の原因を知りたい方、学級崩壊しないために気をつけることを知りたい先生方、学級経営を円滑に進めていきたいと思っている先生方必見の情報です。

3

支援学級に入るといじめられるのではないか?支援学級に入ると将来不利益を被るのではないか?そんな悩みを持っている方へ、昨今の支援学級の現状を詳しくお伝えしています。

-教員・教育関係, 運動
-, ,

Copyright© 教員のための精神と時の教室 , 2020 All Rights Reserved.